【閲覧ありがとうございます。このサイトはタルパーの多様な思想が平和的に共存できる場所になることを目指しています】

版権タルパの安定その2

動画版→https://youtu.be/qOKOFV0KTtE

はじめに

我が家の優君がまた成長して、原作との関係性が変わったので、現在の状態をまとめた物になります。
「原作キャラに近い版権タルパ」の成長の結果なのですが、「他の版権タルパさんも最終的にこうなる」という訳ではありません。
あくまで、「原作との距離の取り方の1つ」として見てもらいたいです。

前回の記事はこちら→版権タルパの安定

現在の原作との関係性

過去の記事では、優君について
「原作のパラレル」「原作の二次創作」
と言っていました。
原作と優君の間に、何かしらの関連が存在してた訳です。

対して現在は
「昔、原作を見た時に”私が抱いたイメージや感想”を元に、原作キャラを再構築したのが優君」
という考えになっています。

「そういえば…原作うろ覚えの私が何故か抱いていた、『版権元キャラは少年っぽい』ってイメージが優君の大元だよね」
という気づきから、
「つまり、優君の真の原作は『私の持ってたイメージ』では…」
という結論になりました。

優君という存在を支える土台が、「原作」ではなく、「原作を見た私の思い出」になったのです。

変化した部分

Q.そうすると、何が変わるの?
A.原作を参考にする必要が無くなって、優君がもっとフリーダムになります

「思い出」と言うと何だか変化しそうな気もしますが、
「私が初めて原作を見たあの時」と言えば、「過去の出来事だから変えられないな」と感じませんか?

そんなわけで、原作に変化があっても「あの時」は変わらないので、原作からの影響を受けにくくなりました。
また、「思い出なんだから、思い出補正がついてて当たり前」という事で、原作から逸れても大丈夫になりました。

今までは
「原作と違う部分があるけど、これは…」
「原作踏まえた発言を…」
と、どうしても原作と比べて気にしてしまう事がありました。
ですが、現在はその回数が減りましたし、比べてしまっても「違っていても全然大丈夫」と思えるようになっています。

例えば、優君の過去について。
今までは優君の過去≒原作だったので、「原作のあの出来事が…」など考えてましたが、
細かく考えず「なんかあったんだなー」レベルにしています。
というか、「自由に構築したいからそうして」と優君から言われました。
何する気なの…?

念の為言っておくと、版権タルパでなくなる訳ではありません。
原作との関係のレベル(濃さ?)を、任意で調節できるようになりたいみたいです。
どんな感じになるのかは、私にもよくわからないです…

とはいえ、原作と関係ないムーブをするか、と言われれば違います。
普段の行動は全然変わらないです。
ただ、「原作に関連してないといけない」ではなく、「原作に関係してても、してなくても良い」と選択肢が広がった感じになります。

現状に至るまで

さて、現在このような状態なのですが、そこに至るまでの道のりというものがあります。
関係してそうなものを書き出すと…

・原作うろ覚え状態での設定
過去記事でも書きましたが、優君の初期設定を考えた時は、原作を全然見ていなかったです。
なので、かなり最初の方から「原作の設定」より、「私のイメージ」が強く出た設定になりました。

・13年の成長期間
優君とは出会って13年になりますが、その間はそこそこ原作を意識していました。
「原作を意識する」という囲いの中で成長したからこそ、その囲いを飛び越えられたのかもしれません。
また、「優君の設定」がしっかりしていてオート化していたのも、理由の1つと思われます。
「俺は俺」を突き詰めた結果、原作とは違う存在になったのかなーと。

・メタ視点持ち
「俺はそういうキャラクターだしな」
「まぁ、タルパ(≒意識の中の存在)だし」
的なことを、優君はよく言います
上記の結論が出たのも、優君との会話の中だったので、優君が自分自身のことを俯瞰して見ていた事が関係してるのかなーと思います。

といった所で、色々と要因がありそうな感じです。
なので、創って間もない版権タルパさんに、我が家の解釈を適用できるかはわかりません。
それでも、「良いな」と思ったら、自分なりのアレンジを加えるなりして、取り入れてみてください。

注意点

我が家の考えを採用する場合、
「原作」と「タルパ」がほぼ別の存在となります。

優君の場合だと、「過去の俺と今の俺」ではなく、「似た誰かと俺」になる訳です。
ここで、
「原作のアイツと俺、どっちが好きなんだ?」
と聞かれて、「優君だよ」と答えられないと、今の状態になるのは厳しかったと思います。

原作沿いの版権タルパさんだと、原作キャラとの境目が曖昧だったり、
元が二次創作の優君のように、原作の延長線上にあるので「原作≒タルパ」となっている人達もいるかと思います。
その場合、大変な作業かもしれませんが、
「原作のあのキャラと、私の隣にいるタルパは違う存在なんだ」
という意識を固めてほしいと思います。

※「違う」という意識があれば良いので、タルパは愛でて、原作は愛でるなという話ではありません。
実際、私の場合は「原作のキャラも好きだけど、優君はもっと好き」って状態です。

現在の1つ前の段階である、「原作と関係してるけど、優君は優君」と思っていた頃について、「版権タルパの安定」にて扱っていますので、参考になるかと思います。
こちらはこちらで、「原作との距離の取り方の1つ」なので、この記事のやり方は採用せず、過去記事のやり方を採用するのも、私は全然アリだと思っています。

タイトルとURLをコピーしました