【閲覧ありがとうございます。このサイトはタルパーの多様な思想が平和的に共存できる場所になることを目指しています】

スキル法

はじめに

オート化や視覚化といった大技を覚えるためには、それを何度も反復して慣れることが大切です。
しかし、そういった大技のみに集中して他の技を訓練しないままでは、かえって効率が悪いかもしれません。

この状況をわかりやすく、ドラクエのようなゲームに例えましょう。
あなたは魔王「オート化」を倒そうとしています。しかし、レベルを上げず、武器も買わず、何度も繰り返し復活して魔王と戦い続ける…
これはいわば、成長の手段を自分で制限する「縛りプレイ」と同じ状況です。(ただし、専念して鍛えることにも利点はあります。)
一般的には、同じ訓練を繰り返すほど成長は鈍化し、また飽きも来やすくなるということが知られています。

そこで私の方式が役に立ちます!
中ボスや強敵を倒すことで「じゅもん」を覚え、「武器」を手に入れ、ザコを倒して「レベル」を上げれば、どんなに強い敵でも倒せます。
その場で背伸びをするよりも、他所から足場を持ってきた方が早いのです。

つまり、大きな壁を乗り越えるにはあらゆる方面で鍛える(=スキルアップ)ことが最短ルート…というのが私の方式の理念です。
(基本理念について、他の事例の説明やサイト趣旨の『筆算に例えた説明』と一部に通った部分がありますので、そちらを参考にされても良いかと思います。)

スキル法と一般的スタイルの比較
一般的なスタイルとスキル法を比較した図

用語の説明

タルパ用語

  • タル活:タルパー活動
  • 五感化:想像した対象(タルパなど)を、視覚化・聴覚化・嗅覚化・触覚化・味覚化すること。
  • オート化:タルパを自動で喋らせること。(未→半→概→全と段階分けされることが多い。)
  • ダイブ:脳内の世界に入ること(夢や空想に近い)
  • 憑依:タルパに自分の体を使わせる。ただし様々な種類があるため、一概にこれとは言えない。

    本気でタルパを作ろうと思っているまとめwikiを見てもらえると大体載ってます。

独自用語

  • スキル:「巧妙さ」、「熟練度」、「技術」という意味。ここでは技術と同じ意味で使う。
  • スキルツリー:ゲームでよく見られる、「剣術1」を習得→「剣術2」や「棒術1」が解放といった、樹形図のようにどんどん技を覚えていく仕組み。
  • ピラミッド型成長:土台を増やすと、頂点が大きくなる。頂点を大きくすると、一緒に土台も増える。という夢のような成長方法。(自動で増える分には限度があるので、満遍なくやることが大事。)
  • 壁:スポーツや勉強などあらゆる技術にみられる、大きなハードルのこと。ここを越えるか越えないかで技術レベルに違いが出てくる。
  • 大技と小技:技術をさらに細かく分けた言い方。『重要な4要素の説明』及び『利点まとめ』を参照してください。

重要な4要素の説明

  • 大ボス:タルパの成長度に大きく影響します。やり込みが必須な、いわゆる『大技』です。
    例:オート化、五感化、憑依、ダイブ等
  • 中ボス:タル活にそこそこ影響します。大技ですが、タル活するだけなら多少習熟するぐらいで良いです。
    例:瞑想、霊感、暗示、イメージング、なりきり等
  • 強敵:タルパー生活をより豊かで便利にしますが、大技ありきの存在です。いわゆる『小技』。
    例:人によって多種多様。(魔法、予知、治療、イカサマ等々…タルパ/タルパーの個性とも言えます。)
  • ザコ敵:タルパに直接関わりませんが、基礎的人間力を高めます。
    例:考え方を学ぶ(哲学、自己啓発)、思考力を高める(学習、問題解決)、想像力を養う(アニメ、妄想)、知識を身に付ける(読書、専門誌)、別の世界を知る(旅行)等

4要素に分けた理由

  • 大ボス=オート化等を攻略するには、その行動パターン=技のコツを知ることが最重要です。これが、反復訓練が必要な理由です。
  • 中ボス=暗示等を攻略しておくことで、武器や呪文=大技習得の糸口を手に入れることができます。あるのとないのとでは大違いです。
  • 強敵=小技等を網羅すればするほど、タルパーとしての経験をより多く積むことができます。レベルの暴力は『どんな敵に対しても有効』です。
  • ザコ敵=基礎的人間力を高めることは、ゲーマー力を高めることと同じです。ゲーマーと一般人では初めて遊んだゲームでも上手さが全然違いますよね?タルパをやる上で最重要ではないにしろ、鍛えて損になることはありません。

4要素を踏まえた訓練法

1.何度もコンテニュー

「オート化」をすると決めたら、「オート化」に専念するやり方です。最初は成長が早いですが、慣れてくると加速度的に鈍化していきます。
また、マンネリ化することでスランプや飽きがきます。
(例:『未オート→微オート→半オート』は簡単だが、『半オート→概オート』には数ヶ月〜数年かかる。)

2.有効な武器や技をゲット

「オート化」のために、「五感化」や「憑依」を学びます。足りない部分を効率よく補えますが、こちらもやり込みが必要です。
(例:憑依させることで、どこでも訓練ができるようにした。
五感化することで、コミュニケーションを通してタルパとより親密な関係を築いた。)

3.他のダンジョンを攻略

「オート化」とは直接関係ありませんが、「瞑想」や「暗示」など、小技として便利な技術に手を出してみます。短時間で多少の成長が見込めます。大技特有の『壁』を超えるのにほぼ必須です。
(例:暗示を利用して、タルパが存在すると自分に強く意識させた。
ダイブを利用して、夢の中でタルパとオート化の訓練を行った。)

4.別のゲームで遊ぶ

もはやタルパと関係ない領域です。しかし、「オート化」に必要なのはタルパーとしての技術だけではありません。当然、それらは人間としての思考力や想像力が基盤になっています。
この『基礎的人間力』を高めるためにも、たまには「哲学」や「アニメ視聴」など、新たな世界を知ることが必要です。

そういったものの存在を知っているだけでも、新たな発見が得られる可能性は飛躍的に高まります。
(例:原子論を学び、タルパを視覚化する際に原子から構成するようなイメージを使った。
哲学用語を利用して、タルパの人格をより詳細に作りこめた。)

ピラミッド型成長の模式図
4要素を訓練することによるピラミッド型成長の模式図

利点まとめ

1.効率よく経験値をゲット!

沢山の技を学ぶのはいいけど、大事な大技を訓練できないのでは…?といった疑問があるかと思われます。ですが、それは逆です。
『大技をやる上で、それを補助するのが小技』と考えてください。やることは「小技を組み込んで、大技を訓練する」だけです。
・大技だけを訓練した経験値を100とすると、
・小技9で大技を訓練すれば総経験値は1000です!
『一度覚えれば、あとは自動で成長』、『経験値が増え、タルパーとしてのレベルも上がる』という一石二鳥が成り立つのです。

2.技の選り好みができる

苦手な技は後回し、得意な技だけ習得する…といった選り好みにも対応可能です。技の種類が莫大なお陰で特に不便はありませんし、得意な技を習得していくうちに「タルパーレベル」が上がり、苦手な技でも使えるようになっていきます。
苦手を今すぐ克服する必要はありません!

3.小技が成長すれば、大技も成長する

『大技をやる上で、それを補助するのが小技』と言ったことは忘れていませんよね?
その通り。小技が成長すれば、大技のクオリティが向上します!「設定を作り込むと、タルパの人格がより生き生きとする」が最たる例です。

しかし、忘れないで欲しいのは、『小技は一度覚えれば、自動で成長する』ということ。
目指すのは「大技の訓練」と「小技の習得」であり、「小技の訓練」は効率が悪いので余りお勧めしません。

4.スキル法の真骨頂!『スキルツリー』で『黄金サイクル』を回せ!

今まで紹介してきた利点だけでも一考の価値はある(あって欲しい)と思われますが、この方式の真骨頂は『スキルツリー』にあります。

4要素の説明の際『レベルの暴力はどんな敵に対しても有効』、『ピラミッド型成長』等々お伝えした通り…
習得した技が増えれば増えるほど、これから覚えられる技は増えるということです!
(例:瞑想を覚えたことで、ダイブの習得が可能になる
暗示を覚えたことで、プラセボ効果が使えるようになる)
また、ある程度技のレパートリーが増えてくると覚えた技を発展・改変することで「自作技」を作れるようになるため、ますます種類が増えます。
つまり、「技を覚える」→「上達する」→「他の技を覚える・開発する」→「上達する」…
の『黄金サイクル』を作ることがスキル法の真骨頂なのです。(ピラミッド型成長)

参考記事を投稿予定です。

5.「自己流」への発展

そしてスキル法最大の特徴として、「自己流」の存在が挙げられます。世には様々な方式でタルパの作り方を公開している人がいますが、そういった記事のいいとこ取りをすることで、自分に合った方式を作ることができるのです。
(私が「スキル法」を開発するにあたり、参考にした方々は数知れず。)

「自己流」が生まれれば、より効率よく訓練を重ねることが可能ですし、細部を更に改良していくことも可能です。
(私自身、練度が足りず未だ使えない大技・小技は百を下りません。これらが使えるようになった時、この「スキル法」の方式も更に進化する可能性があるのです。)

参考記事を投稿予定です。

6.「スキル法」の極致

この記事を見たことで「私もスキル法の考えを取り込んでみようかな?」と思ってくれた方の中には、数ヶ月後に「自己流を投稿しようかな」と考える方がいらっしゃるかも知れません。
それこそが「スキル法」の極致です!

「技」と言う形であらゆる理念・技術を取り込むことで、『皆が他者に学び、他者が皆に学ぶ』ことが容易になります。
それは、
「私が投稿する」→「あなたが見る」→「あなたが投稿する」→「私が見る」→「私が投稿する…
という世界規模のサイクルが構築されることに他なりません。

最後に一言。
お前も投稿するんだよ!

タイトルとURLをコピーしました